須貝

 

 

 

 

 

 

みなみ

 

須貝

 

みなみ

 

須貝

 

みなみ

 

須貝

 

 

 

須貝

 

みなみ

 

須貝

 

みなみ

 

すがい

 

みなみ

 

 

須貝

 

みなみ

 

 

須貝

 

みなみ

 

 

須貝

 

 

 

 

須貝

 

たく

 

須貝

 

たく

 

 

ナレーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須貝

 

 

須貝

 

たく

 

須貝

 

たく

 

 須貝

 

たく

 

 須貝

 

たく

 

 

須貝

 

 

 

 

 

 

 

2人

 

いさお

 

須貝

 

いさお

 

須貝

 

いさお

 

 

 

 

須貝

 

いさお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須貝

 

 

いさお

 

須貝

 

 

いさお

 

 

 

 

須貝

 

 

いさお

 

須貝

 

いさお

 

 

 

 

 

 

 

帯刀

 

須貝

 

帯刀

 

 

 

須貝

 

帯刀

 

須貝

 

帯刀

 

 

須貝

 

帯刀

 

須貝

 

帯刀

 

須貝

 

 

帯刀

 

 

 

 

 

 

須貝

 

 

三島

 

須貝

 

三島

 

須貝

 

三島

 

 

須貝

 

 

三島

 

 

三島

 

 

須貝

 

三島

 

 

 

 

 

 

須貝

 

みなみ

 

須貝

 

 

 

 

みなみ

 

 

みなみ

 

 

須貝

 

みなみ

 

 

 

須貝

 

みなみ

 

 

須貝

 

 

みなみ

 

 

須貝

 

 

 

 

みなみ

 

須貝

 

 

みなみ

 

2人

 

 

 

 

 

【オープニング】(工学部構内で撮影)

ピカッとさいえんす!こんにちは。須貝たかしです。

サイエンスというと難しいってイメージありませんか?でもサイエンスは私達

の生活になくてはならないものなんです。この番組では、私達の身近に隠された

サイエンスを山形大学工学部のみなさんと解き明かしていきます。

今回も張り切っていきますよー♪(建物へ走っていく)

 

(室内で)

(ノートパソコンに向かって仕事中)

 

こんにちはー

あ、こんにちはー

大学はまだ夏休みですかー?

とんでもない、学会の発表準備で忙しいんですよー

おやおやお気の毒様ー、せっかくサイエンスしにきたのになー。

ま、いいや。何か面白い番組でもやってないかなあ・・・
(ラジオをつけて音が出たら、パソコンの近くに持ってくる)

あれあれ、おかしいなー

ちょっとー

パソコンの近くに持ってきたらぴーぴーがーがー言うんだけど、どうして?

それはね、パソコンから出てる電波をひろってるの!

電波をひろう?何それ?

えー、地上デジタルとかワンセグとか、これから電波の世界が大きく変わるのに

知らないの?

ケーブルテレビだもん

ケーブルテレビって言ったって、テレビを買い換えたらターミナルとテレビをつ

なぎなおさなくちゃならないでしょ?

あ、そうか・・・

じゃあ、学会の発表の準備ちょっと息抜きして、

電波のサイエンスいってみましょうか!

はーい、ぴかっとサイエンス!


【幼稚園】

 

はい。東部幼稚園にやってきたんですが…?何するの?

まず、子どもたちと、電波の性質を調べてみないスかー?

えーなんか難しそうだけど大丈夫?

簡単ッス!ラジオを持って歩くだけッスから!

 

ラジオを使って、電波を探す実験をしてみましょう。

ラジオの電源を入れて、部屋の中を歩きます。

電波が出ているところに近づくと、ラジオから雑音がきこえますよ。

さあ、電波はどこから出ているのかな?


[ノイズ源探索ごっこ]

・ラジオを使ってノイズを発生している器械を探す
・下記の点を確認する

【須貝・たく 体験しながらレポート】
@本体よりACアダプターがノイズを発生していること
A近づいた方が大きいこと
B向きがあること       

 

【別 撮】
FM/AMで違いがあること
紙やラップフィルムでは遮断できないが、アルミホイルで遮断できる

 

 

(幼稚園の空き教室で) 

おもしろい実験でしたねー。

さっきの実験でわかったことをまとめてみると…

 

電波は近いほど強くて、やってくる向きがあるんですね!

いぇーす!

電波は、ラジオのFMでひろっても、AMではひろわないことがある!

いぇーす!いぇーす!

電波の通り道に何かを置くと電波が届かなくなる

もー、かーなーりわかってるんじゃないッスか!

うーん、でももっと詳しく知りたくなりましたよ!

マジッスか!

そーゆーことなら、工学部にー連れてったりーしますけどいいんスか?

もちろん、ぴかっとサイエンス!

 


【工学部】

[レーダー]

 

(座って会話してる風景)

 

須貝さん、レーダーって知ってますよね?いわゆる探知機ってやつ。

 

はいはい。戦争映画なんかで、登場しますよね。

 

そう。戦争中ではできるだけ小さな敵を探さなくちゃいけなかったんです。

 

そこでレーダーが活躍するわけですね!

 

そうなんです。

レーダーっていうのは、電波を発信して、さらに物体にあたったって跳ね返った電波をパラボラアンテナで受信することで、敵の存在を探知します。

イラスト入りのフリップで説明

なーるほどね。

 

今ではレーダーは気象情報なんかの収集に使われてるけどね。

でもって電光表示板の電球が小さいほど細かい文字が表せるように、電波のサイ

ズが小さいほどたくさんの情報が伝わります。

 

ほら。これを、みてください。フリップ出す

□■□□□■□□■■■□□■□□□■□
□■□□□■□■□□□■□■□□□■□
□■■□□■□■□□□□□■□□□■□
□■□■□■□■□□□□□□■□■□□
□■□□■■□■□□□□□□■□■□□
□■□□□■□■□□□■□□□■□□□
□■□□□■□□■■■□□□□■□□□

□■□■□■■■□■□■
□■■■□■□□□■□■
□■□■□■■■□□■□

ほんとだ。細かいほうが、文字のカーブも表現できてるし、見え易いね。

でも電波の場合は、どうやってサイズを細かくするの?

電波が伝わる速さは一定なので、電波をできるだけ小刻みにするんです。

へえ、どうやって?

(装置の前で)

これがマグネトロンって装置です。

真空管に磁石を組み合わせてこの中で電子がくるくる回るような仕掛けを作っ

たんです。

(手を横にのばして)まっすぐの電波を、(手をまわしながら)こーんな風に

回転させるわけです。

そのくるくるの小回りで早いほど小刻みになって電波のサイズが小さいってこ

となんですね?

そのとおりです!電波のサイズが小さくすると、様々な研究に役立つんです。

へえ!そうなの?

 

工学部でも、電波を使った研究装置が大活躍していますよ!

次は、電波がどんな研究に使われているのかを見てみましょう。

 

 


[NMRの実験分子を電波で見る] 帯刀先生

 

(装置の前で)

これは、NMRという装置です。

 

どんな装置なんですか?

 

電波の通り道に何かをおくと電波が届かなくなるって勉強しましたよね。

それを逆手にとって、物質の性質を調べるんですよ。

医療用のMRIも同じ原理ですよ。

 

それも、電波をくるくるさせて調べるんですか?

 

もちろんです。

 

一秒間にどれくらい電波がくるくるしますか?

○○メガヘルツ(周波数)、メガっていうのは100万回!

つまり、○○万回くるくるしています。

 

うひゃあー

ちょうどさっき使ってたラジオや、テレビの電波に使われるような周波数ですよ

へえ〜! ちなみにこの装置おいくらですか?

○○

うわ〜!電波をたくさんクルクルっとさせるには、お高い装置が必要なんです

ね!

まあね。でも、電子の状態を見るESRではもっと小さい電波を使いますよ。




[ESRの実験電子の状態を電波で見る]伊藤先生

 

この装置は、先程のNMRよりもっと小さい電波を使うということなんですが、

一秒間にどれくらい電波がくるくるしますか?

○○テラヘルツ、テラっていうのは一兆回!

NMRとぜんぜんちがいますね?

携帯電話なんかに使われる周波数ですよ

へえ・・・

NMRと違う周波数を使うことで、こちらは病気の原因にもなる活性酸素なんか

を調べることができます。

へぇ。調べるものによって周波数を変えるんですかー。

FMでひろってもAMでひろわないことがあるってやつですね!

そうそう、そういう周波数では(    理由    )なので、電波を封じ

こめる工夫が必要になります。

 

そうそう、ほらこのケーブルも電波が漏れないように工夫された同軸ケーブルで

す。

あ、ケーブルテレビでも同軸ケーブル使ってますよ!

目に見えない電波ですけど、うまく伝わるようにアンテナやケーブルを工夫して

るんですね!


 

【エンディング】(オープニングと同じ場所で)

 

(フレームインして)いやー勉強になったな〜

 

どうでした?

電波ってラジオやテレビばかりではなく、いろいろなところで使われているんで

すねー

[ラジオの中継局1/4波長モノポール画像]

そうですよー、いつも使ってる携帯電話や、ここにある(無線LANのアンテナ

をゆびさして)無線LANも電波使っていますねー

それから、(ならべながら)電波時計、GPS、電子マネー、そしてICタグにも電波を使っています。

そんなにいっぱい電波を使ってしまったら電波がなくなりませんか?

いいところに気がつきました!そのとおりです!そんなふうに、どんどん電波の

用途が広がる中、すこしでも電波資源を節約するために開発されたのが地上デジ

タル放送なんですよ

なるほどー電波のエコなんですね!

デジタル技術を使って無駄をなくしたカタチの情報を電波にのせるので、電波が

節約できるんです。ガチャポンのカプセルに紙を詰めて須貝の前に置く

つまり、カタチを戻して受信するのが最近の地デジ対応テレビなんですよね?

カプセルから紙を取り出して見せる

そうそう、カタチを戻すだけのコンバーターを使えば以前のアナログ対応テレビ

を使えますよ。

NCVでは地上デジタルのカタチそのまま(パススルー)と

コンバーターで戻したカタチ(トランスモジュレーション)の両方をケーブルで

お送りしているので地デジ対応テレビも以前のアナログ対応テレビもどちらも

お使いになれます!

ケーブルだと米沢みたいに障害物の多い山間部も関係なくなるもんね!

高性能パラボラアンテナで受信した信号を安定した映像としてお送りできます

よ!

機器の接続には電波が漏れないように工夫された同軸ケーブルを使ってね!

それじゃ、まったねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1st

 

広め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東部幼稚園

 

1st

 

2st

 

 

 

 

 

 

須貝実演

 

 

 

 

 

子供達の

探索風景

 

 

須貝実演

 

 

 

 

 

別撮り

 

 

 

 

黒板の前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工学部外観

 

 

 

広め

 

2st

 

 

 

 

 

 

 

 

フリップ@

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリップA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装置

2st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NMR

別撮り

2st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ESR別撮り

 

2st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カプセル

小さい紙